実際危険なタクシー業

| 未分類 |

タクシー業は実際危険な仕事です。
よく勘違いされるのですが、タクシー業は普通にタクシーに乗ってお客さんの指定したところに行けば良いだけの簡単なお仕事と思われていますが、その実態は全然違うでしょう。まず、注意しないといけないのが、タクシーを運転する場合は、しっかりと面鏡が必要になります。普通免許ではタクシーは運転不可能ですね。そして、次に、タクシー業は接待業なので、しっかりとお客さんと話が出来ないとダメです。また、お客さんが指定した場所がしっかりと頭に入っていないといけませんので、かなり大変でしょう。そしてタクシー業には危険なことが結構多くあります。

 

まずその一、一日中タクシーに乗っていることでしょう。もちろん、休憩などがありますが、ほとんどタクシーの中に居るので体は鈍るは、それに応じて病気にかかりやすいなどがありますので、大変危険でしょう。そのニ、犯罪が結構多いことですね。タクシー強盗などがあり、若干危ないです。また、酔っぱらいの対処もしないといけないため、並大抵の人はタクシー業をすることが出来ないでしょう。そしてその三ですが、かなり疲れが蓄積してきます。その一でも言ったようにずっとタクシーに居るので疲れていき、集中力がなくなっていくでしょう。そうなると事故を出すので注意しておかないと大変なことになりますね。
このように、タクシー業は大変なのです。そして危険でもあるので、タクシー業をする場合はよく考えてください。

 

 

 

最近の投稿