メルセデス・ベンツSクラス

| 未分類 |

 

日本において高級セダンの代名詞とも言えるブランドが、メルセデス・ベンツ。その車体に輝くエンブレム「スリー・ポインテッド・スター」の存在に代表されるようにその名前は高級輸入車の象徴であり、経済的に成功を収めた人や社会的地位の高い人、あるいはその家族が乗るステータス・シンボルとして認知されてきた。

そして、そのメルセデス・ベンツの最高峰のフラッグシップモデルが、Sクラスである。現行のSクラスの中には、S350ブルー・エフィシェンシー、ハイブリッド、S550ブルー・エフィシェンシー、ハイブリッドロング、S550ブルー・エフィシェンシー・ロング、S550 4MATIC ブルー・エフィシェンシー、S600 long、HYBRID、HYBRID long、さらにメルセデス・ベンツとAMGが提携しよりスポーティーな走りを楽しむことができるS63 AMG long、S65 AMG longといったモデルがラインナップされている。

メーカー希望小売価格を見てみると、S350で1,000万円、S600では2,000万円を超え、S65AMGlongにいたっては3,000万円を超える。

なお、ブルー・エフィシェンシーとは、メルセデス・ベンツが掲げる自動車の開発・生産・使用・リサイクルというライフサイクル全体を考慮した包括的な環境技術の総称であり、モデルごとに適した環境性能を搭載させる考え方のこと。フラッグシップモデルにおいても環境という最も重要なテーマにおいて考える姿勢を打ち出したものであると言える。

Sクラスは、現代の最先端の技術と新機構が採用された世界最高水準の自動車であり、いつの時代もアッパークラスセダンのトレンドを体現する自動車である。

最近の投稿